海東流神楽太鼓

曲目

神楽屋形 『神楽屋形太鼓』
尾張の殿様へ、秋の実りを献上する際の行列の道行きの笛・太鼓と伝えられています。
現在でも秋祭りの時期になると五穀豊穣を祝い、神楽屋形をひきながら笛・太鼓を打ち鳴らし、町中を練り歩きします。

曲太鼓 『曲太鼓』
祭礼の時に、神様をお迎えしたりする奉納太鼓で、拝殿などで座って演奏します。右手で太鼓を打ち、左手でクルクルと撥をまわすという全国的に珍しい打法です。

曲目紹介はこちら

お知らせ

海東流のお知らせから活動予定まで
不定期更新ではありますがお伝えしていきます。。

その他活動予定はこちら